情報部門の観点から実施した営業支援!

営業職もシステマティックに遂行できるようにしたい

営業支援本当に役立つ営業支援は?

会議とは課題を改善するためにアイデアを出し合う場だと考えています。
そのため、事前に営業に関する課題をピックアップしておき、それについて話し合える仕組みが必要だと思いました。
そこでまた上記のシステムの出番であり、スマートフォンで課題を気軽に投稿できるようにしたのです。
思い付いたらすぐに投稿できるので、営業先に出ている人からも次々と挙がっていきます。
あまり多くなったので事前でこちらで精査して、本当に討論する価値のあるものだけを残しました。

しかし、本来は営業職の間で投票して議題を決めるのがベストでしょう。
その機能はなかったので、実現させるにはメールで投票してもらうなどの工夫が必要です。
このように営業支援としては完璧とはいえませんが、それでも大きな一歩を踏み出したことに間違いはありません。
営業職の仕事は人間臭いという固定観念を捨てることがポイントです。
できるだけシステマティックに遂行できる状態にしていきたいと思いました。

所属企業の営業成績が芳しくなく課題を提案営業支援を担当することになりシステムからサポート開始営業職もシステマティックに遂行できるようにしたい