情報部門の観点から実施した営業支援!

所属企業の営業成績が芳しくなく課題を提案

所属企業の営業成績が芳しくなく課題を提案営業支援を担当することになりシステムからサポート開始営業職もシステマティックに遂行できるようにしたい

所属企業の営業の成績が望ましくありませんでした。
能力が劣っているような気はしませんが、他の企業と比べると契約件数が大きく劣っているのは明らかです。
ブランド力の差はそれほどありませんし、何か大きな原因があるように感じていました。
自分は情報部門にいるので営業職ではありませんが、同僚がたくさんいるので飲み会に行く機会は少なくありません。
そこで聞いた愚痴が大きなヒントになり、改善に向けて大きく動き出すことになります。
自分の所属している部門と比べてアナログの作業が多すぎるのです。
いまだに報告書や見積書を紙ベースで仕上げているというから驚きです。
一言でいうと無駄な作業が溢れかえっており、コアになる業務に注力できていない状況でした。
個人的には、営業職はひたすら外部で活動を行うことがポイントだと考えています。
そのために、他の人が代替できる仕事はそちらに任せたほうが良いでしょう。
たとえば、見積書の作成などはあえて営業職が行う必要はありません。
つまり自分の強みに注力して、苦手な部分を他の人がカバーするというのが理想です。
効率化の余地がたっぷりと残っているのは間違いありません。
クライアントの満足度を上げることだけに神経を使ってほしいです。
その邪魔になる点を抽出して取り除いていきたいと考え、自分のコミットメントとして上長に申し出ました。